阪神、球界トップクラスのトレーニングルームを公開

転載元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520010403/

1: 風吹けば名無し 2018/03/03(土) 02:06:43.82 ID:6dA6mGII0
 阪神の球団寮と練習場が併設されている兵庫県西宮市の2軍施設に新たなトレーニングルームが完成し、1日、報道陣に公開された。
従来の120m2から220m2にまで増床された。金本知憲監督(49)の要望で、ストレッチ効果を重視した最新鋭のトレーニングマシン「ストレッチライン」などが導入された。

 選手が沖縄と安芸でキャンプに打ち込んでいる間に、鉄人監修の“若虎の穴”が完成した。報道陣に公開され、常川達三球団企画課長(医療担当)が胸を張った。

 「球界トップクラス? そう思います。ソフトバンクくらいじゃないですかね、並べるのは」

 広さは120m2から220m2へ。ほぼ倍に増床された。4つの器具で6人同時にウエートトレをすることが可能になった。これまでトレーニング機器でぎゅうぎゅう詰めだったところに、フリースペースができた。
余裕を持って鍛える空間が生まれたことで、メディシンボールなどを使った体幹、インナーの強化も可能となった。単に器具の数が増えるだけでなく、トレーニングのバリエーションが広がる。

 もちろん、現役時代、計画的な筋力トレで“鉄人”と呼ばれる肉体を作り上げた金本監督の要望も入っている。代表例がストレッチ効果を重視したトレーニングマシン「ストレッチライン」だ。
関節の可動域の拡大や筋肉疲労の回復が主な目的。トレーニングと柔軟性の両面から身体をケアする趣旨で導入された。

20180302-00000015-sanspo-000-2-view
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000015-sanspo-base.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00000015-sanspo-base

続きを読む

記事引用元
阪神、球界トップクラスのトレーニングルームを公開



#2chまとめ