広島と巨人阪神の『監督の人選』の違い「生え抜き至上主義」と「外様有能監督」


広島巨人阪神監督人選
https://baseballking.jp/ns/140183

広島は緒方長期政権へ 監督候補は30年先まで“待ちぼうけ”
 広島・緒方孝市監督(49)は2015年の就任1年目こそリーグ4位に終わったものの、その後3連覇。5年目となる来季の続投は確実となっている。

 野村謙二郎前監督(52)を含め、広島はこれまで5年を一区切りとするケースが多かった。この法則に当てはめれば、緒方監督は来季いっぱいということになる。とはいえ、チームはV3で黄金時代に突入。経営陣からの評価も高く、長期政権の可能性が出てきた。

 そうなると「順番待ち」の監督候補は待ちぼうけである。広島ほどズラリと並ぶ球団は他にないからだ。

 候補とされるのは佐々岡真司二軍投手コーチ(51)、前田智徳氏(47)、黒田博樹氏(43)。広島の某OBがこう言う。

「順番はともかく、いずれ全員がやる。これがカープなんです。そこに今季限りでの引退を表明している新井(貴浩=41)も加わった。そして、黄金時代が到来したことで、球団内で再評価の動きがあるのが野村前監督。丸を筆頭に、菊池、田中、鈴木誠也ら、現在の主力を1年目から辛抱強く起用しながら育成したことで、5、5、4、3、3位だった功績を見直そうという声がある。野村2次政権があるかもしれないのです」

 かつて「ミスター赤ヘル」こと山本浩二氏(71)が1989~93年、2001~05年と5年ずつ2度、計10年間指揮を執っている。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/239082

・巨人や阪神はAクラスでも優勝逃せば監督辞任なんてケースもありましたよ。
カープはありました?

↑カープはAクラスに入ったら名将なの。
それどころか山本ー三村ー達川時代なんか,負けても負けても負けても引責辞任などあり得なかった。

続きを読む

記事引用元
広島と巨人阪神の『監督の人選』の違い「生え抜き至上主義」と「外様有能監督」



#2chまとめ