巨人澤村、開幕直後から大ケガをしていた

転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1480562487/

20161201-OHT1I50031-T

1 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 12:21:27.16 ID:BgO4ises0.net


 人知れず激痛と闘っていた。開幕直後、沢村は病院で衝撃の宣告を受けた。「右足足底(そくてい)腱(けん)膜断裂。しっかり治すには手術がいい。でも手術したら2か月、車椅子です」。覚悟はできていた。「抑えを任されて離脱するわけにいかない」。選んだ道は手術回避、保存療法だった。


 昨季途中から、右足裏に慢性的な痛みがあった。足底腱膜とは、足裏の指の付け根からかかとにかけての腱組織。断裂は最悪、歩行困難になる重傷だ。


 右足は沢村にとって大切な軸足。故障と付き合いながら投げるため、医療用のインソールを作ってスパイク、普段の靴にも入れた。それでも立っているだけで負担がかかる。自宅内では左足のケンケンで移動することもあった。朝、ベッドから起きあがる一歩目はいつも恐怖。少しでも状態を上げようと、ハリ治療も試みた。「足裏は神経がたくさん通っていて痛い。もん絶。一生やりたくない」


 なぜ、こんな状態で投げ続けたのか。それは使命感だけだった。「できる、できないじゃない。やるか、やらないか。抑えはそれだけ責任あるポジション。指の骨が折れたって投げますよ」。首脳陣に症状を伝えた上で投球可能と判断したが、患部の状態は一進一退。1年間まともに走れなかった。それでも「試合に出る以上、言い訳ゼロ。打たれたら実力不足」と一度も足のせいにしなかった。


以下記事全文

http://www.hochi.co.jp/giants/20161201-OHT1T50033.html

2 :風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 12:22:17.20 ID:BgO4ises0.net
それで6月に5連投とかおかしいわ
続きを読む

記事引用元
巨人澤村、開幕直後から大ケガをしていた



#2chまとめ