多田野、加藤健からビデオ判定の件で謝罪を受ける「すっきりした」

転載元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520481715/

20180308-00000087-spnannex-000-4-view

1: 風吹けば名無し 2018/03/08(木) 13:01:55.68 ID:0J9DN5XP0

 多田野氏で思い出される試合の1つが、12年の日本シリーズ第5戦。巨人が5―2のリードで迎えた4回に犠打を試みた巨人・加藤健の頭部付近に直球を投じた。
実際にはボールは体に当たらなかったが、当初のファウルの判定から死球と判定されて、多田野氏は危険球退場となった。

 多田野氏と加藤氏は同学年。いわゆる「松坂世代」だ。多田野氏にとってはあの試合を思い返すたびに「すっきりしなかった」という“因縁”の加藤氏から引退セレモニーに合わせて花束とともにメッセージが届けられたのだ。
現在はBCリーグ新潟の球団社長補佐を務める加藤氏と親交のある日本ハム・木田優夫GM補佐を通じ「お疲れ様でした。行きたかったけど、行けなくてすみません。今度あらためて“お疲れさま”と直接言わせてもらいたい」との言葉が多田野氏に届けられた。
木田GM補佐が仲介役となり、セレモニー後には直接電話で会話した2人。「あの試合以来話していなかった」という多田野氏は「すっきりした。今度食事でも行こうという話をした」と晴れやかな表情で話した。

 現役時代はリーグが違うこともあり、同学年ながら普段から話す機会は少なかったという2人。多田野氏は「今では仕方なかったと思う。ずっと話していなかったのも、たまたま機会がなかっただけ」という。
多田野氏の引退セレモニーを機に距離が縮まった2人。今後はそれぞれの立場で野球界に貢献していく。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000087-spnannex-base

3: 風吹けば名無し 2018/03/08(木) 13:02:52.62 ID:6CyORVrU0
ビデオ判定(意味深)

続きを読む

記事引用元
多田野、加藤健からビデオ判定の件で謝罪を受ける「すっきりした」



#2chまとめ