ラミレス「監督には『ボス型』と『リーダー型』があり、自分が目指すべきは後者だ」

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528432562/

20180607-00831006-number-000-1-view

1: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 13:36:02.27 ID:P0O83w3i0
 ラミレス監督は「将来監督になりたい」と考え始めた現役時代から、自らに「そもそも監督とはいったい何だろう」と問うてきた。
行き着いたのは監督には「ボス型」と「リーダー型」があり、自分が目指すべきは後者だということだ。以下、同書から引用する。

 《ボス型の監督の姿勢としては、「選手を使う」という印象がつきまとう。もしくは「選手を叱責する」姿を思い浮かべてもいいだろう。
このタイプの監督が選手たちと会話を交わす際には、「オレが、オレが」という態度が前面に押し出されるはずだ。
自分こそがチームの司令塔である、との思いが強く、自分は命令を下す立場にあると信じている。
チームを率いる上で、監督には一定の権力が与えられている。したがって、その権力を行使して、恣意的な起用もできる。
何かミスがあれば、その責任を選手に押しつけ、彼らを非難することもあるだろう。
逆に何かいい結果が出れば、その手柄はすべて自分のものとするかもしれない。これが私のイメージするボス型の監督の姿である》

 対して自らが目指すリーダー型の監督像をこう考える。
 《「選手たちを育成したい」「選手たちを指導したい」「選手たちの前向きな気持ちを奨励したい」「選手たちのやる気を刺激したい」という思いが行動の源であり
『その後、いい結果が出れば、その功績はすべて選手のものだ。まず先に考えるべきなのは、選手であり、自分のことであってはならない』》

2: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 13:36:36.43 ID:P0O83w3i0
日大アメフト問題に見る球界監督論。時代は「ボス」から「リーダー」へ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00831006-number-base

やっぱラミレスっていい監督だわ

続きを読む

記事引用元
ラミレス「監督には『ボス型』と『リーダー型』があり、自分が目指すべきは後者だ」



#2chまとめ