カープ庄司隼人「出塁率4割を目指す」9年目の誓い


庄司隼人出塁率4割

カープ庄司 9年目の誓い「出塁率4割」到達のために

 09年度ドラフト4位で入団。長い2軍生活を続け、昨季は1軍で6試合の出場ながら最終盤に大きな一歩を踏んだ。9月28日のヤクルト戦(マツダ)で秋吉に12球を投げさせプロ初四球を選ぶと、最終戦の10月1日・DeNA戦で井納から右前打を放ち、待望のプロ初安打をマークした。

今年の自主トレ中、端正な顔立ちを引き締め、誓いを立てた。庄司は「1軍に定着できるように」という目標の中で「出塁率4割を目指していきたい」と開花へ、はっきりとした数字を定めた。まずは開幕1軍を勝ち取るための争いへ挑む。

 「安打もだし、四球をああやって取れたのは自信になりました。『0』が『1』になれたのは大きい。言葉にするのはなかなか難しいけど、ああいう感覚で良かったんだなと」。2軍でもリーグ最高出塁率・407を記録するなど、飛躍のきっかけをつかんだ1年でもあった。

(全文はリンク先)


・昨季は打席数は少なかったけど内容の濃い打席でいいアピールにはなったんじゃないかな
菊池の負担軽減の為にも頑張って欲しいし菊池と併用という選択肢ができるような活躍を期待したい

続きを読む

記事引用元
カープ庄司隼人「出塁率4割を目指す」9年目の誓い



#2chまとめ