【広島】「緒方監督だんだん柔らかく」「勝つためには何でもした」松田オーナーが語る


広島カープ_護国神社_優勝報告
http://www.daily.co.jp/baseball/carp/2016/11/04/0009637335.shtml

<プロ野球>緒方監督だんだん柔らかく 広島オーナーに聞く

--オーナー就任15年目での優勝。

本当に苦しい中、よく頑張ってくれて、ファンや地域の人に恩返しができた。リーグ優勝は四半世紀ぶりで、すごく追い詰められている気持ちだった。ひょっとしたら、優勝できないのかとも思った。感激したのは選手の成長。この1年間で、戦いを通じて成長してくれた。すごくうれしいし、誇らしい。 

~中略~

--緒方監督は昨季から変わったか?

熱すぎて一生懸命なタイプだが、だんだん柔らかくなってきているし、結構うまく声をかけている。落ち着きが非常に出てきた。

--オーナーが球場から試合途中で帰ると、点が入ったらしい。

日本シリーズの第2戦は、六回の攻撃(4得点)の時に帰った。外に出たら歓声が聞こえ、点が入っていると思った。帰る途中はラジオも聞かず、家のそばのコンビニエンスストアで「縁起物」を買う。家へ帰って、ちょっとずつ食べる。(縁起かつぎは)下着の色も、靴下の銘柄もある。最たるものが早く帰ること。グラウンドにも、ほとんど下りなかった。チームの運勢が悪くなってはいけないと、勝つためには何でもした。 

(全文はリンク先)
http://mainichi.jp/articles/20161106/k00/00m/050/023000c 

・選手の力をうまく引き出してこそ真の監督になれると思う。

 続きを読む

記事引用元
【広島】「緒方監督だんだん柔らかく」「勝つためには何でもした」松田オーナーが語る



#2chまとめ