【前橋育英vs近大付】前橋育英2年連続初戦突破 エース恩田が今大会初完封 近大付は25年ぶりの白星ならず

転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533622228/

gggr
08_07_15_15_16_178.mp4_snapshot_00.16
08_07_15_16_01_852.mp4_snapshot_05.10
08_07_15_16_01_852.mp4_snapshot_07.40

前橋育英2年連続初戦突破 エース恩田が今大会初完封 近大付は25年ぶりの白星ならず

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会第3日1回戦 前橋育英(群馬)2―0近大付(南大阪)(2018年8月7日 甲子園)

 第100回全国高校野球選手権大会第3日は7日、甲子園球場で1回戦の4試合が行われ、第3試合では2013年に全国制覇を達成している前橋育英(群馬)が、10年ぶり出場の近大付(南大阪)を2―0で下し、昨年(対山梨学院=12―5)に続いて初戦で白星を挙げた。

 前橋育英は2回に7番・剣持、4回に6番・丸山の2年生の左打者コンビが近大付の左腕・大石からタイムリー。投げてはエースの右腕・恩田(3年)が近大付打線を6安打に抑え、今大会10試合目で初めてとなる完封を達成した。

 1990年のセンバツで優勝している近大付は、2回に死球と四球で無死1、2塁のチャンスを迎えたがバント失敗で逸機。6回にも先頭打者の川瀬が敵失で出塁したが、前橋育英の恩田に誘い出されて好機をものにできなかった。8回には1死2塁として1番・川瀬が左前に運んだが、二走の大石が本塁で憤死。最後までホームベースを踏むことはできなかった。

 1年生から背番号「1」をつけている左腕・大石は持ち味の変化球を駆使して6回から7回にかけて5者連続で三振を奪い、6回以降は1安打しか許さなかったが惜敗。夏では1993年以来となる勝利を目指したが、あと一歩およばなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000111-spnannex-base

210: 風吹けば名無し 2018/08/07(火) 15:14:28.94 ID:tWq0u83m0
恩田くん完封キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

おめでと!!

213: 風吹けば名無し 2018/08/07(火) 15:14:31.30 ID:F4fP+GgX0
思い出ヘッスラ

続きを読む

記事引用元
【前橋育英vs近大付】前橋育英2年連続初戦突破 エース恩田が今大会初完封 近大付は25年ぶりの白星ならず



#2chまとめ